ADMIN TITLE LIST

               
 MENU   
BBS
HP宣伝用BBS
チャット
管理人プロフィール 
人気投票
スラムダンク画像掲示板 
スラムダンクお絵かき掲示板 
バスケットボール掲示板 
web拍手を送る
お気に入りに追加



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンケートが終了しました!


内容は スラムダンクとあひるの空ではどっちが好き?

というものでした。



結果は


スラムダンク81
あひるの空15  

      でスラムダンクの圧勝でした。



あひるの空は現在、大人気で連載中なんですが
それでもスラムダンクが大差をつけて勝つとは意外でした。



まぁ、当サイトはスラムダンクの方を重点的に扱っているので、
スラムダンク派の人が多く集まるのかなと思います。


スラムダンクは、迫力があり、桜木の急激な成長が面白く
試合の展開も楽しいので、大人気ですがその反面、才能ないやつは
活躍できないってことか?みたいな意見もあります・・


その分あひるの空では、弱小高校がだんだん強くなってくる
というストーリーなのが人気な理由だと思われます。


今回はスラムダンクが圧勝でしたが次はどうなるのか・・・

また時間がたってから同じ質問をしたいと思っています。

スポンサーサイト

ミドルシュートを、
NBAプレイヤーのサム・キャセールが解説



チャージングを、
NBAプレイヤーのシェーン・バティエが解説



ブロックショットを、
NBAプレイヤーのエメカ・オカフォーが解説



ボールを持っていない時の動き方を、
NBAプレイヤーのリップことリチャード・ハミルトンが解説




リバウンドの取り方を、
NBAプレイヤーのドワイト・ハワードが解説




パスのテクニックを
NBAトッププレイヤーのスティーブ・ナッシュが解説



ジャンプシュートを、
NBAプレイヤーのレイ・アレンが解説



マンツーマンディフェンスを、
NBAプレイヤーのブルース・ボウエンが解説



ポストプレイを
NBAプレイヤーのカルロス・ブーザーが説明





記事が出るスペースの一番上に

MENUとりつけました。



けいじばんとかあるんでどんどんつかってください




バスケットボール (basketball) は、5人対5人で一つのボールを使い、相手チームのバスケットにボールを入れること(シュート)や自チームのバスケットに相手がボールを入れることを防ぐことで得点を競うスポーツである。試合時間終了後に、より多い得点を得たチームが勝利となる。ボールを片手で床に弾ませながら動いたり(ドリブル)、自チームの選手に渡して(パス)、シュートまで持ち込む。日本語では、籠(かご)と、球技の球(きゅう)合わせて「籠球」(ろうきゅう)とも表記する。また、その競技に使用する専用のボールを指すこともある。本場アメリカではバスケットボールのゴールリングを指す俗称から転じて「hoop」と呼ぶこともある。




米国マサチューセッツ州、スミス・カレッジの女子バスケットボールチーム。競技が考案されておよそ10年後、1902年の写真バスケットボールは一人の人物によって考案された数少ない競技のひとつである。考案者はアメリカ、マサチューセッツ州スプリングフィールドのYMCAの大学の講師を務めていたカナダ人のジェームズ・ネイスミスで、彼の考え出したルールが現在のバスケットボールの原型になっている。初めての公式試合はその大学で1892年1月20日に行なわれた。ネイスミスは、ニュー・イングランド地方の長い冬に外でスポーツ(アメリカンフットボール)ができない間、室内でアメリカンフットボールと同じくらい激しく行えるスポーツを求めていた。そこで体育館のギャラリーに桃を入れる籠(かご)を下げて、そこにサッカーボールを入れ合う、今のバスケットボールの原形が生まれたのである。考案当初には逸話が多く存在し、人数を設定していなかったため100人近くでプレーする高校が出た、籠を取り付けた2階には観客がおり、ゴールを妨害することがあった、などのものがある。バスケットボールは当初から人気があり、スミス大学の体育教師を務めていたセンダ・べリンソンによって女性用バスケットボールが始められるなど、その年のうちにアメリカ国内のあちこちで競技されるようになった。その後、YMCAを通じ世界各国へ広まっていき、1932年6月には国際バスケットボール連盟(FIBA)が結成され、1936年のベルリンオリンピックから男子バスケットボールがオリンピック正式種目として採用された。また、1976年のモントリオールオリンピックから女子正式種目にも採用された。FIBA発表では1998年時点で世界の競技人口は4億5000万人、FIBAに加盟した国と地域は2006年8月に213まで増えた。

日本へはスプリングフィールド大学を卒業した大森兵蔵が1908年に東京YMCAで初めて紹介した。1930年には日本バスケットボール協会(JABBA)が設立され、普及と発展及び競技レベルの向上に努めている。21世紀を迎える頃に競技人口は600万人に達し、2005年には日本初のプロリーグbjリーグが発足したが、他国と比べると遅く、アジアの各大会で苦戦を強いられている。国内の室内球技としてはバレーボール、フットサルと並んで人気なスポーツである。漫画『SLAM DUNK』の連載が日本でのブームの立役者となり、この漫画の存在は現在の日本バスケに大きな影響を残している。



敵・味方関係なく、シュートミスしたボールを取ることを、リバウンドと呼ぶ。バスケットにおいて最も重要な技術の一つであり、その技術が高いためにスカウトされる選手も少なくない。リバウンドに強い選手がいると常に相手から先手を取ることが出来、自チームも思い切りのいいシュートができるからである。リバウンドを取るために相手を制し、有利なポジションを取る行動をスクリーンアウトまたはボックスアウトという。漫画『SLAM DUNK』において主人公の桜木が極めたのもリバウンドである。



オールコート
コート全体で行う
3/4コート(スリークォーター)
フロントコートのフリースローレーンから行う
ハーフコート
センターラインから行う


数字はディフェンスの数を示し、フロントコートに近い側からバックコートに近い側の順に記載する。 2-2-1以下の4陣形は通常、ゾーンプレスの場合にしか使われない。2-1-2と1-3-1は通常のゾーンディフェンスとゾーンプレスの両方で使われる。

2-3
3-2
1-3-1
2-1-2
1-2-2
2-2-1
3-1-1
1-2-1-1
1-1-2-1


マンツーマンディフェンス
選手ごとに1対1で自分が担当する選手をマーク(マッチアップ)するディフェンスのことを、マンツーマンディフェンスと呼ぶ。

ダブルチーム
ボールを持ったオフェンスプレイヤーにディフェンスプレイヤーが2人で守ること。ボールを持った選手に対し無差別に行うこともあれば、チームの得点源など能力の高い選手に限ることもある。特に、プレスディフェンス時にドリブルを終えたプレイヤーに対して行うことが多い。
トリプルチーム
オフェンスプレイヤー1人を3人で守ること。(主にずば抜けて能力の高い相手プレイヤーに対し使用する。ただしアウトナンバーが2人でてしまうので他の相手プレイヤーへのディフェンスが手薄になってしまう。)

ゾーンディフェンス
陣形を作り、各個人が決められた範囲をディフェンスすることを、ゾーンディフェンスと呼ぶ。

マッチアップゾーン
ボールを持つオフェンス選手に対して、マンツーマンではなくディフェンスの誰か1人がオフェンスの位置に応じて常にマッチアップするゾーンディフェンスのこと。だがNBAでは50年以上前から禁止されている。

プレスディフェンス
オフェンスに対し、積極的にプレッシャー(プレス)をかけるディフェンスのことを、プレスディフェンスと呼ぶ。


混合型
ゾーンプレス
ゾーン+プレス
ゾーン+マンツーマン
ボックスワン
1人がマンツーマン、残り4人が正方形(2-2)のゾーンでディフェンスすること。ボックス・アンド・ワンとも呼ぶ。
ダイアモンドワン
1人がマンツーマン、残り4人がひし形(1-2-1)のゾーンでディフェンスすること。ダイアモンド・アンド・ワンとも呼ぶ。
トライアングルツー
2人がマンツーマン、残り3人が三角形のゾーンでディフェンスすること。


スクリーン
得点のためにチームメイトが動ける自由を増やす目的でディフェンスプレイヤーの通り道に立つこと。
バックドア
ディフェンスプレイヤーの後ろにつき、そこでパスを受けるプレー。
ポストプレー
味方プレイヤーが相手コートの制限区域付近で行うプレー。センターなど背の高い選手が行うことが多い。


クロスオーバー
ドリブルしている左右の手を入れ替える。
ターンムーブ
フロントターン
体の向いている方向へターンすること。
バックターン
体の向いている方向とは逆(背中側)へターンすること。
ロールターン
スピンムーブ
ロッカーモーション
ディフェンスを前後に揺さぶり、間合いを詰めてきたところを抜き去るドリブル。
レッグスルー(スルー・ザ・レッグ)
ボールを股下に通してドリブルする。
ビハインド(ビハインド・ザ・バック)
背中側でドリブルする。
プルバック
ボールを自分の進行方向の反対へ戻すようにドリブルする。
チェンジ・オブ・ペース
ドリブルや移動の速度(ペース)を一定にせず、緩急を付けること。
※野球におけるチェンジ・オブ・ペースはチェンジアップを参照のこと


チェストパス
胸の位置から両手で押し出す、最も基本的で確実なパス。
ワンハンドパス
片手で出すパス。間にディフェンスがいる場合によく使われる。
ショルダーパス
肩の位置から強く押し出すパス。
オーバーハンドパス
頭の上の位置から強く出すパス。
アンダーハンドパス
ボウリング投げに似たパス。
フックパス
フックシュートと同じように投げるパス。
ビハインドパス
背中を通して出すパス。ビハインド・バック・パスとも呼ばれる。
以下はチェストパスなどと組み合わせて使う。

バウンズパス
ボールをコートに跳ね返らせる(バウンド)パスのこと。
ループパス
山なりの軌道のパスのこと。敵の後ろにいる味方へパスを出すときなどに使う。
ノールックパス(ノンルックパス)
パスを出す相手を見ないで(向かないで)出すパスのこと。


バスケットボールにおけるシュートとは、自チームが得点するためにバスケットの上からボールを通すことあるいはそのための動作、ないしボールがバスケットへ至るまでの一連の流れのこと(シュートは通称であり、ルール(日本バスケットボール競技規則)上では全てショットと称される)。通称「ゴール」と呼ばれる「バスケット」は床から305センチの位置にあるため、ゴールするために選手は頭上の高さへとボールを運ぶことが要求される。

バスケットボールというゲームの定義は「バスケットボールはそれぞれ5人ずつのプレイヤーからなる2チームによってプレイされる。 それぞれのチームの目的は、相手チームのバスケットに得点すること、および相手チームがボールをコントロールすることや得点することを防ぐことである」となっている。[1]

なお、FIBA国際ルール及び日本バスケットボール競技規則では支柱・バックボード・リング・ネット及びその取り付け金具・バックボードサポートを含む一式を「バックストップユニット」と呼び,リングとネットを合わせたものを「バスケット」と呼ぶ。また、「ゴール」はライブのボールがバスケットの上から通過するか中にとどまる現象のことを言うのであって、装置の呼称ではない。






ガード(G)
ポイントガード(PG)
ボールを運び、パスをしたり指示を出したりする、チームの指令塔、ゲームメーカー。
シューティングガード(SG)
長距離からのシュートやカットインで得点を稼ぐ。また、ポイントガードの補助をしたり、スモールフォワードのように攻めたりする。現代の花形ポジションである。
フォワード(F)
スモールフォワード(SF)
柔軟なプレイを求められる、万能的ポジション。
パワーフォワード(PF)
リバウンド、ゴール付近からのシュートを担当する。
センター(C)
高い身長とパワーが必要とされる。リバウンド、ゴール下での得点でチームを引っ張る。
上から順に、1番(PG)、2番(SG)、3番(SF)、4番(PF)、5番(C)という呼ばれ方もする。 また、バスケットボールにおいてポジションはそれほど厳密でなく、各プレイヤーが多くの役割をこなすことが理想である。そのため、ユーティリティ・プレイヤーも多く、ガードとフォワードを兼任できる選手をガード・フォワード(GF)、またフォワードとセンターを兼任できる選手をセンターフォワード(CF)、フォワード・センター(FC)と呼ぶことがある。

ガード2人を合わせてバックコート、フォワード2人とセンターを合わせてフロントコートなどとも呼ぶ。

NBAでは本来のポジションがフォワードでありながら、ポイントガードの働きをする選手も少なくない。そのような選手は稀ながらポイントフォワードと呼ばれる。ポイントフォワードの選手には、マジック・ジョンソン(特に現役復帰後)、アンソニー・メイソン、レブロン・ジェームズ、ラマー・オドムらがいる。



ヴァイオレイション(Violations)は、バスケットボールにおける反則のうち、からだの触れあいおよびスポーツマンらしくない行為以外の総称。以下の反則がヴァイオレイションに含まれる。 バイオレーション、ヴァイオレーションと書くこともあるが、日本バスケットボール協会公式ルールブックでの表記はヴァイオレイションである。以下、特に断りがない限り、日本バスケットボール協会公式ルールブックの表記に従う。



コート上にいる選手はプレーヤー、ベンチにいる選手は交代要員として区別される。各チームでベンチ入りできる選手は最大12人(bjリーグではホームチームのみ15人)で、プレーヤーが5人、交代要員が最大7人(bjリーグではホームチームのみ最大10人)である。



バスケットボールにおけるファウル(Fouls)は、反則のうち、どちらかに責任のある不当なからだの触れあいおよびスポーツマンらしくない行為の総称。以下の反則がファウルに含まれる。



各チームは、タイムアウトを取ることができる(チャージド・タイム・アウト)。タイムアウトは1分である。各チームはこの間に作戦を練る、選手を休ませるなどしてゲームの流れを変えている。タイムアウトの請求ができるのはコーチまたはアシスタントコーチである。ただし、請求してすぐに認められるわけではなく、ゲームクロックが止まった場合に認められる。前半2つのピリオドで2回、後半2つのピリオドで3回まで取ることができる。


10分を1ピリオド(クォーターとは呼ばない)とし、第1ピリオドから第4ピリオドまでの4つのピリオド・計40分間で行なわれる(NBAの場合12分クォーター4本)。ファウルやヴァイオレイションが起こる、フリースローやタイムアウトの最中などは試合時間(ゲームクロック)を一時止める。そのためサッカーやラグビー、ホッケーにあるロスタイムはない。



ユニフォームはシャツとパンツを言う。バスケットではノースリーブやショートスリーブ、ランニングなどを主に着用する。シャツとパンツはチームメンバー全員が同じデザインの色、形のものを着用し、前と後ろは同じ色でなければならない(ストライプは規定に沿ったものであれば認められる)。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 BASKETBALL★LIFE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。