ADMIN TITLE LIST

               
 MENU   
BBS
HP宣伝用BBS
チャット
管理人プロフィール 
人気投票
スラムダンク画像掲示板 
スラムダンクお絵かき掲示板 
バスケットボール掲示板 
web拍手を送る
お気に入りに追加



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴァイオレイション(Violations)は、バスケットボールにおける反則のうち、からだの触れあいおよびスポーツマンらしくない行為以外の総称。以下の反則がヴァイオレイションに含まれる。 バイオレーション、ヴァイオレーションと書くこともあるが、日本バスケットボール協会公式ルールブックでの表記はヴァイオレイションである。以下、特に断りがない限り、日本バスケットボール協会公式ルールブックの表記に従う。


アウト・オブ・バウンズ
ボールを保持しているプレイヤー又はボールが境界線(サイドライン、エンドライン)および境界線の外にある物に触れた場合。
ダブル・ドリブル、イリーガル・ドリブル
ひとつづきのドリブルを終えた後に再び新たなドリブルを行うことはできない。ドリブルの終了とはドリブラーの両手がボールに触れたときまたは片手もしくは両手でボールを支え持ったときである。これに違反したときはダブル・ドリブルとしてヴァイオレイションとなる。また、ドリブル中に完全に手で支え持つ状態になっていると判断された場合はイリーガル・ドリブルとなる。ファンブル(ボールを持ち損なうこと)はドリブルとはみなされない。
トラヴェリング
プログレッシング・ウィズ・ザ・ボールについての違反をトラヴェリングと呼ぶ(トラベリングとも書く)。ボールを保持したまま3歩以上歩いたり、止まった際にピヴォットフットを動かしてはならない。ドリブルを始める際には両足がフロアから離れた状態ではドリブルを始めることはできない(ピヴォットフットが床から離れる前にボーを手から離さなければならない)。
ピヴォットフット
ボールを保持した状態で身体を動かす際に支点となる足のことである。両足が床に降りた状態でボールを保持、または空中でボールを保持し両足同時に床に降りて停止した場合はどちらの足でもよく、その後最初に上げた足の他方の足がピヴォットフットになる。空中でボールを保持して片足で床に降りたり片足を床についてボールを保持して停止した場合は最初に床に降りた足がピヴォットフットとなる。こののちピヴォットフットが床から離れたらパスかショットをしなければならない。ドリブルを始めることはできない。
ボールを故意に足または脚で扱った場合
故意に足または腿でボールを蹴ったり止めてはならない。偶然に当たった場合はヴァイオレイションではない。
3秒ルール
フロントコート内でボールをコントロールしているチームのプレイヤーが相手チームのバスケットに近い制限区域内に3秒をこえてとどまってはならない。そのプレイヤーは制限区域外に両足をつけなければ制限区域外に出たことにはならない。
5秒ルール
近接して防御されているプレイヤーは5秒以内にパス、ショット、あるいはドリブルをしなければならない。また、スローインやフリースローはボールを渡されてから5秒以内に行わなければならない。
8秒ルール
バック・コートでボールをコントロールしたチームは8秒以内にボールをフロント・コートに進めなければならない。8秒はボールをコントロールしている限り数え続けられる。例えばアウト・オブ・バウンズやジャンプボール・シチュエイチョンでデッドのボールをサイドラインの外で再び保持する=スローインする場合は8秒は継続して数えられる。
24秒ルール
ボールをコントロールしたチームは24秒以内にボールがバスケットのリングに触れるようにショットしなければならない。ショットしたボールが空中にあるときに24秒が経過してもショットしたボールがゴールに入ったりリングに触れればヴァイオレイションにはならない。
ボールをバック・コートに返すこと
チーム・コントロールされたボールがフロント・コートにあるときは、そのチームのプレイヤーはボールをバック・コートに返してはならない。
ゴール・テンディング
ショットされたボールが放物線の一番高いところから落ち始めた後、全体がリングより高いところにある間に、プレイヤーがそのボールに触れた場合、ゴール・テンディングとなる。
インタフェア
ショットされたボールがリング上にあるときに、プレイヤーがバスケットやバックボードに触れる、バスケットの下から手を入れてボールに触れる、ショットのボールがバスケットの中にある間に防御側プレイヤーがボールやバスケットに触れる、ショットされたボールが空中にある間に防御側プレイヤーがバックボードやリングをたたいたり振動させてボールがバスケットにはいるのを妨げる、これらの行為はインタフェアとなる(インターフェアとも書く)。
以上のことに対する反則はヴァイオレイションとなり、相手チームのそれが起こった場所に最も近いアウトからのスローインでプレイが再開される。

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BASKETBALL★LIFE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。