ADMIN TITLE LIST

               
 MENU   
BBS
HP宣伝用BBS
チャット
管理人プロフィール 
人気投票
スラムダンク画像掲示板 
スラムダンクお絵かき掲示板 
バスケットボール掲示板 
web拍手を送る
お気に入りに追加



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神奈川ベスト4の常連だが海南・翔陽の二強を崩せず、IH出場経験はなし。練習試合、IH予選と二度湘北と対戦した高校。IH予選では海南大附属と延長戦を戦う等健闘するが湘北に敗れ惜しくも全国出場を逃す。その個性の強いキャラ達から非常に人気がある。ユニフォームの色は青。横断幕は『勇猛果敢』

魚住純(うおずみ じゅん、呼称:ボス猿、声:岸野幸正)
3年、202cm 90kg(高1時は199cm)、背番号15(1年)→9(2年)→4、C。
主将。2メートルを越す巨漢であり、「ビッグジュン」の異名をもつ。赤木の最大のライバル。体格を活かしたパワープレイを得意とする。
県内で一番でかい中学生として鳴り物入りで陵南に入学するも、当初は基礎練習にも付いていけず、部員からも「ただでかいだけ」と陰口をたたかれ、一時は退部を本気で考えたが、田岡に巨体は努力で手に入らない才能、そして自分が3年になった時、陵南初のIH出場を夢見ていると聞かされ、以降は向上心を捨てず、県内でも一、二を争うセンターへと成長。赤木という良きライバルと、仙道という最良のパートナーにも恵まれ、いよいよ陵南全国初出場に王手をかけたIH予選決勝リーグだったが、この大事な場面でファウルトラブルに見舞われてしまう。意気消沈するなか、自分を見つめ直した魚住は、ここにきてようやく自分の才能の真の活かし方に気づいた。
その覇気やプレースタイルなどから、陵南の不動の大黒柱として活躍する。フリースローは苦手。板前の息子で夏で引退し、引退後は後を継ぐため修行する。
IHでの対山王工業戦にて、河田に圧倒されつつあった赤木を鼓舞する為、コート脇で大根のかつらむきをして、自分がかつて到達したプレイの在り方=「チームのために自ら体を張って脇役となる」を赤木に伝え、立ち直らせるきっかけを作る(その時の光景を見た河田に赤木の親父だと思われた)。
仙道彰(せんどう あきら、呼称:センドー、ハリネズミ、声:大塚芳忠)
2年、190cm 79kg、背番号12(or13 1年)→7、FまたはPG。神奈川ベスト5。
陵南が誇る天才オールラウンドプレイヤー。得点力は「福田よりもはるかに恐ろしい」と赤木に言わしめ、ドリブルのスキルも初期の桜木、流川を一瞬で抜き去り、ゲームを作る能力も牧に匹敵する能力を持ち合わせ、バスケットにおいてありとあらゆるカテゴリーでそのズバ抜けた技術を絶賛される。また流川と違い、ただ個人プレーが巧いだけのプレイヤーではなく、チーム全体と試合の流れを考慮したプレイができるため、作中後半ではPGもこなしていた(しかもPGに必要な要素も全て兼ね備えていた)。流川も1on1では、仙道と互角に渡り合うが、バスケットプレイヤーとしては、仙道に軍配が上がる。バスケット専門誌ではIHに行けなかった地方の一高校生にも関わらず特集が組まれるという破格の扱いを受けた。
その才能に目を付けた田岡監督により東京の中学からスカウトされ、高校の公式デビュー戦では47得点という驚異的な数字を残す。その天才ぶりは得点能力以外の様々な面にも表れ、2年にして神奈川ナンバーワンプレイヤーである牧と肩を並べる存在にまで成長する。湘北にとっては最後の最後まで全国大会への道に立ちはだかった、いわばラスボスのような存在である。
バスケ以外にも発言には非常に言動に説得力があり魚住が抜けて押され気味の仲間を励ますのが非常にうまく、2年生ながらもキャプテンとしての器も持つ。シュートも非常にうまく、作中でシュートブロックを受けたのは、湘北との練習試合で桜木に、決勝リーグで海南の牧、同じく決勝リーグで赤木の3人ぐらいである。
花道の隠れた才能をチームメイトの誰よりも早く見抜く。また流川との1on1を心の底から楽しむ。天才プレイヤーながら、どこか抜けているところがあり、初登場時には遅刻している(しかも遅刻したにも関わらず堂々と登場している)。田岡監督に、もっとやる気を前面に出せと言われた。牧や流川など強敵とのマッチアップではその才能を遺憾なく発揮する。タイムアウト中、監督がチームを激しく叱責する中、一人でレモンの蜂蜜漬けをこっそり食べていたことも。しかし、魚住や池上のような先輩も含めチームメート、監督には絶対の信頼を持たれている。魚住が抜けた後の陵南の新キャプテン。海釣りが趣味。湘北にとっては敵にも関わらず人気があり、「本作のナンバーワンプレイヤー」とする声も多い。
名前の由来は、女優の千堂あきほからとの説も。
相田彦一(あいだ ひこいち、呼称:ヒコイチ、声:小野坂昌也)
1年、165cm 52kg、背番号15、PG。
出身は大阪で関西弁をしゃべり、「要チェックや」「アンビリーバブルや」が口癖。本人曰く「ワイのチェックの厳しさは大阪一」。姉の弥生はバスケットボール雑誌の記者。勘違いにより初期から桜木を天才プレーヤーとして注目しており、4試合連続退場&無得点の桜木を不調と信じていた。桜木との会話では自らはベンチ入りもできないと語っていたが、後にベンチ入りを果たした。お調子者で田岡監督に拳骨を食らうこともしばしば。仙道のことを尊敬しており、彼のことを侮辱した豊玉高校の輝男や岸本に対して激しい怒りを露にした。また、湘北対翔陽の試合で宮城リョータのプレーを見て宮城のようなプレーヤーを目指すと語っていた。
「テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ」での小野坂昌也のトークによると、彼の本来のメイン役は安田であったのだが、関西弁ができることからこの役も演じる事が即行で決まったという。
福田吉兆(ふくだ きっちょう、呼称:フク助、福ちゃん、フッキー、声:石川英郎)
2年、188cm 80kg、背番号13、PF。
脅威のスコアラーで得点をとりまくる。バスケ経験は中2の終わりごろからで浅いが、ガムシャラなプレイスタイルと急速な成長スピードは桜木に通じるものがあり、仙道が早くから桜木を高く評価していたのは、この福田を間近に見てきたからに他ならない。顔に似合わず繊細かつ感情が表れやすいタイプで、田岡監督のビシビシと叱って育てる指導方針に耐えかね、試合中に「ほわちゃあ!」と、つついてしまい、無期限部活動禁止になってしまった。そのためにバスケに、特に自身のプレーを誉めもらうことに飢えている。誉められるとフルフル震えていた。桜木の大雑把なフェイクに過剰な反応を示すなど、ディフェンスは素人並みに苦手。が、チームに勢いをもたらすそのプレイは、田岡監督より「仙道にすら出来ないこと」という最大級の賛辞を受ける。海南大附属の神とは中学時代の同級生。
池上亮二(いけがみ りょうじ、声:緑川光)
3年、183cm 83kg、背番号5、F。
陵南の副主将。太い眉毛とバッチリ決めたリーゼントヘアが印象的な3年生。初登場時はその他大勢的扱いだったが、少しずつキャラクターが作られていき、最終的には「ディフェンスに定評のある池上」として読者の間にも定着する。湘北との練習試合ではスタメンだったが、県大会では復帰した福田にスタメンの座を奪われる。そして決勝リーグ冒頭での全身を半~1ページ使って描かれた紹介シーンに出られなかったり、試合初期の扉絵で両チームのマッチアップ同士が「vs」を挟んで大きく描かれるシリーズに出られなかったりと、副部長でありながら美味しい部分を外してしまっている様が一部の読者にネタとして扱われる一因となっているが、一部ではシブい名脇役として人気がある。また、湘北戦で桜木のみならず赤木にまで「5番」と呼ばれるほど、相手チームに与えた印象は薄かった。しかし、陵南高校のバスケ部を引退するとき、涙の魚住に代わり、あっさりと答辞を述べた。最後の最後に魚住とのコンビネタを披露する機会を与えてもらったようだ。
得意のディフェンスは海南大附属の牧からスティールを決めるほど。IH予選海南戦では神、IH予選湘北戦では三井と、シューターを封じるために送り出され、それによって三井の疲労は限界まで達する。通称「三年の池上」。
越野宏明(こしの ひろあき、呼称:小僧、声:里内信夫)
2年、174cm 62kg、背番号6、SG・PG。
負けん気が人一倍強く、湘北との練習試合では桜木に恐れず立ち向かう。プレイよりも存在感で目立つ選手。アニメでは心の中で魚住を呼び捨てにしていた。三井曰く、越野の三井へのディフェンスはチョロイ。湘北戦では最後に宮城とマッチアップする。また、それ以前での湘北対翔陽戦にて正PGの植草が居るにも関わらず、魚住から藤真とのマッチアップを言われてることから本来のポジションはPGなのかもしれない。
植草智之(うえくさ ともゆき、声:塩屋浩三、辻谷耕史(第74話・第75話)、里内信夫(第76話))
2年、170cm 62kg、背番号8、PG。
田岡監督曰く、ミスが少なくバスケットをよく知っている。仙道曰く、スタミナがある等と評されたが、IH予選湘北戦ではミスを連発、無念の途中交代となる。アニメでは頻繁に声優が変わった。陵南高校バスケ部スタメンの中でかなり地味な存在。
菅平(すがだいら、声:辻谷耕史)
1年、背番号11、控えC。
IH予選海南戦、湘北戦で魚住にファウルがかさんだ時に登場した選手。身長は宮城曰く「花道と同じくらい」。湘北戦では赤木とマッチアップしたが全く相手にならなかった。海南の高砂から(アニメでは清田から)「あの控えセンターには荷が重過ぎる」と言われるなど力量的には魚住の足元にも及ばない様子。仙道の呼びかけに対して「はい」と返事していることから、1年だと思われる。
田岡茂一(たおか もいち、呼称:じじい、声:石塚運昇)
監督。安西や高頭と比べると思考が硬直しがちで、試合中にも誤った判断が目立つが、チーム作りは誰よりも熱心であり、魚住を獲得してからは本気でIH出場を視野に入れスカウトに奔走。中学MVPの三井や、注目のPG宮城は、安西監督がいるという理由で湘北を選びスカウト出来ず。流川は家から近いという理由でまたしても湘北に奪われ、その大半は失敗に終わったが、東京から仙道を引っ張ってくることに成功した。入部当時は挫折しかかっていた魚住を神奈川ナンバーワンセンターを争うまでに、ただの点取り屋だった仙道を一流のオールラウンダーに成長させた手腕は確かなものがある。また彼の練習は、部員が思い出しただけでも汗をかいたり吐き気がするほどハードであるという。
海南の高頭監督とは高校時代からの因縁の関係で高頭より1つ年上だった、高校時代は今でいう仙道と流川の関係にあたると称したが、陵南の選手たちからは嘘つきよばわりされてしまう。高校2年当時の背番号は7。湘北の桜木には何かと痛い思いをさせられており、練習試合の際、桜木にカンチョーやチョップを喰らっている(その時のことは『あの男だけは許せん』と回想している)。IH予選時にもじじい呼ばわりされた。年齢は41歳。「神奈川に田岡あり」と自称している。IH予選の湘北戦では、敗戦後に「敗因は私にある」といい、全力でプレイしたものの試合に敗れた選手たちへの気遣いも見せている。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 BASKETBALL★LIFE, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。